トップセルフメディケーションコラムマスク咳で風邪がうつる!マスクを着用する効果

咳で風邪がうつる!マスクを着用する効果

  • マスク
  • 2019.07.08

くしゃみをするとどうして風邪がうつるの?

風邪やインフルエンザが人へ感染する経路のひとつに、飛沫感染があります。飛沫感染とは、せきやくしゃみをすることによって飛び散る飛沫に含まれる病原体が、のどや鼻などの粘膜に付着して感染することです。通常くしゃみなどによって口から飛んだ飛沫は1メートルほどで落下するため、ウイルスに感染した人の半径1~2メートル以内にいる人の感染リスクが高まります。
マスクは、咳やくしゃみの症状がある人がつける場合に高い効果を発揮するアイテムです。風邪やインフルエンザでは、1回の咳で約10万個、くしゃみでは約200万個のウイルスが飛散すると言われています。ウイルス単体の直径は0.1マイクロメートルと非常に小さいため、マスクの繊維をすり抜けてしまいますが、インフルエンザなどは通常、ウイルスを含んだ飛沫として拡散し、飛沫の直径は5マイクロメートル以上と比較大きいためマスクにより捕集されます、そのため、風邪を引いている人がマスクをすることは、周囲の人への飛沫感染を防ぐために効果的と言えるでしょう。厚生労働省でも人にうつさないためのマスクの着用を呼び掛けており、「咳エチケット」として知られています。

風邪を人にうつさないために!マスク着用は必須

風邪を人にうつさないためには、手洗いとうがい、マスクの着用がポイントです。風邪などのウイルスはくしゃみや咳になる飛沫感染や空気感染によっても感染しますが、実は手を介した感染が一番多いと言われています。鼻をかむときやくしゃみをするときに手で覆うことなどによって、手にはたくさんのウイルスが付着しています。その手であちこち触れることで、ウイルスをばらまき、食事をしたり、鼻や口の周りを無意識に触ったりすることによって感染します。風邪だけでなく食中毒やインフルエンザなども手の汚染によって引き起こされるため、普段から意識して手洗いを行うように心がけましょう。
うがいに関しては医師の間でも意見が分かれており、ウイルスは眼や鼻から侵入するため予防効果がないという意見もありまた、インフルエンザについては接触してから感染するまでの時間が短いため、厚生労働省のインフルエンザの予防方法からは取り除かれました。しかし、水道水によるうがいは、しない場合に比べて一般的な風邪の発症率を約40%抑えたという研究結果もあり、しないよりはしておいたほうが安心できるのではないでしょうか。
マスクはウイルスをシャットアウトするだけでなく、他の人への感染も防ぐ役割があるため、咳エチケットとして必ずしておきましょう。

正しいマスクの着用方法とは

マスクは間違った使い方をすると、予防効果が発揮されない恐れもあります。風邪の感染を予防するためには、マスクを正しく使うことが大切です。マスクを着けるときは必ず鼻と口をしっかり覆うようにしましょう。ノーズフィッターを鼻の形に合わせたら、顔にフィットさせながら耳かけゴムをかけます。最後に顔の大きさに併せてプリーツを上下に広げます。マスクにはさまざまなサイズがあるため、自分の顔のサイズに合う商品を選びましょう。顔とマスクの間にすきまが開いていたりする場合は、顔のサイズに合っていない場合があります。耳かけゴムは締め付け感の少ない幅広のタイプを選ぶようにしましょう。

風邪感染の拡大を防ぐためにもマクス着用を!

咳やくしゃみをしているときは人に風邪をうつさないように、配慮することが大切です。咳やくしゃみをする瞬間に飛沫が飛び散るだけでなく、手で押えた場合は、汚染した手でウイルスをばらまいてしまいます。マスクをうまく活用することで、咳エチケットを守るようにしましょう。マスクにもいろいろな種類があり、メーカーによって素材や機能・サイズも異なりますので、自分に合ったマスクを選びましょう。

関連製品

フィッティ®7DAYSマスク レモンミント 通気性が良い 7枚入

フィッティ®7DAYSマスク レモンミント 通気性が良い 7枚入

フィッティ®密着ガードマスク 5枚入

フィッティ®密着ガードマスク 5枚入

お知らせ