トップセルフメディケーションコラム口腔ケア知っておきたい!口腔ケアの正しい手順

知っておきたい!口腔ケアの正しい手順

  • 口腔ケア
  • 2019.01.23

基本の口腔ケアをおさらい

基本の口腔ケアは、歯磨き、口磨き、保湿ケアの3つです。まずは口の中をチェックしてみましょう。虫歯がないか、口臭はないか、歯肉から出血していないか、舌や粘膜に異常はないか、口の中が乾燥していないか、入れ歯はきちんとかみ合っているかなどを確認します。その後歯ブラシを使ってのブラッシングとうがいで歯垢を丁寧に除去しましょう。虫歯は通常歯と歯のすき間などにできやすいですが、高齢者の場合は少し異なります。高齢者の虫歯は、歯の根元部分に多いという特徴があるのです。これは、歯周病などで歯を支えている骨が溶けてしまい、歯茎が縮むことで歯の根が歯茎から露出してしまうためです。歯の根は酸に弱いため、虫歯になると歯が根元から折れてしまいます。特に入院中や免疫力が落ちている場合は短期間であっという間に歯が無くなってしまうこともあるため、根元部分は特にしっかりと磨いておきましょう。
口腔内には食べかすやたん、ネバネバ汚れなどが多くあり、放っておくと誤嚥性肺炎の原因となります。専用のウェットティッシュなどを使って口の中の汚れも丁寧に除去しておきましょう。唾液が少なくなっている場合は唾液が出るのを促す運動を取り入れるのも効果的です。仕上げは口腔内の潤いを保ち、粘膜を保護するために保湿ジェルなどで保湿します。

正しい口腔ケアの手順とは

口腔ケアは歯ブラシを使って行います。歯と歯の間や歯と歯茎の間には多くのすき間があり、口の中をぬぐうだけではケアとして不充分です。歯磨きに使用する歯ブラシは、柄がまっすぐで毛の硬さがなるべく柔らかいものを選ぶようにしましょう。市販の歯ブラシでも対応できますが、口腔ケア専用の歯ブラシを使うと便利です。歯磨きの手順としては、まず歯ブラシを鉛筆を持つように軽く持ち、歯の汚れの残りやすい部分を丁寧に磨きます。力を加え過ぎないようにソフトタッチで揺らすようにして磨きましょう。一度に多くの歯を磨こうとせず、1~2本ずつ丁寧に磨いていきましょう。

病気予防に!高齢者の口腔ケアは大切

口の中にはたくさんの細菌が暮らしています。そのうち善玉菌は口内環境を保つために役立っていますが、唾液の量が減ったり口腔内の洗浄を怠ったりすると、悪玉菌の量が爆発的に増加してしまいます。悪玉菌は抵抗力が弱った体に重大な病気を引き起こすため、口腔内の細菌の量をコントロールする口腔ケアは非常に重要な役割を持っているのです。口腔ケアは虫歯の予防だけでなく、全身の感染症の予防、味覚の改善、全身疾患の予防、口腔内の清潔、誤嚥性肺炎の予防などを目的としています。
口腔ケアは、高齢者が口腔ケアを気持ちいいと思えることが大切です。まず相手に声をかけて、今から何をするのか伝えるようにしましょう。相手の習慣を尊重し、できることは自分でしてもらうようにします。体が動かせる場合、できるだけベッドから出て、洗面所で行うようにしましょう。無理をさせず、疲れない範囲で行うことがポイントです。

口腔をキレイに保つために!手順をおさらい

口腔内の環境は、虫歯だけでなく全身状態を左右するほど健康に大きな影響を与えます。体の免疫力が低下している介護の必要な高齢者は特に、適切な口腔ケアを行うことが大切です。高齢者に多く見られる肺炎の多くは、口腔内の細菌や食べ物の残りカスなどが気管に入ることで起こります。こうした重篤な病気を防ぐためにも、無理のない範囲で毎日の習慣として口腔ケアを定着させることが大切です。本人がひとりで毎日磨いている場合でも、本人だけでは十分なケアが行えていない場合があります。体が不自由になってきたら、本人任せにしないように適切な介護をすることが大切です。

関連製品

ケアハート®口腔専科 お口キレイスポンジ星形N

ケアハート®口腔専科 お口キレイスポンジ星形N

ケアハート®口腔専科 お口キレイスポンジ凸凹形

ケアハート®口腔専科 お口キレイスポンジ凸凹形

ケアハート®口腔専科 お口キレイ万能ブラシ

ケアハート®口腔専科 お口キレイ万能ブラシ

ケアハート®口腔専科 お口キレイウェットシート

ケアハート®口腔専科 お口キレイウェットシート

ケアハート®口腔専科 お口潤うジェル

ケアハート®口腔専科 お口潤うジェル

ケアハート®口腔専科 お口潤うスプレー

ケアハート®口腔専科 お口潤うスプレー

お知らせ