【デリケートゾーン黒ずみ対策】クリームを使ったマッサージ法も紹介

【デリケートゾーン黒ずみ対策】クリームを使ったマッサージ法も紹介

2019.12.26

気になるデリケートゾーンの黒ずみ。人と比べる機会もなく誰かに相談もできないだけに、どうしたらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ここでは、黒ずみの原因、デリケートゾーンのケア、専用のクリームを使ったマッサージ方法などについてご紹介します。

気になるデリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

日本人は欧米人と比較すると黒ずみの原因となるメラニン色素が多く、色素沈着を起こしやすいと言われています。デリケートゾーンは他の部位よりも肌が薄く、メラニン細胞の動きも活発なため色素沈着を起こしがち。黒ずみの原因には、主に次のようなものがあります。

下着やナプキンなどによる圧迫や摩擦

デリケートゾーンのような皮膚が薄い部分は、特に刺激に敏感です。キツめの下着や服で圧迫されることにより、デリケートゾーンの皮膚が刺激され、メラニン色素が多く生成されてしまうことも。実は、これは肌を守るための正常な反応なのです。綿やシルクなど天然素材で締め付けのない下着を着用するようにしましょう。

生理用ナプキンの使用によって、かぶれてしまったり痒くなったりするのは、ナプキンが肌に合っていない証拠。肌に合わないナプキンの使用は避けましょう。また、硬いトイレットペーパーなども肌に刺激を与える原因に。敏感肌の場合は、合成繊維でできているナプキンよりも、肌への刺激が少ないオーガニックのナプキンや布ナプキンが理想です。

また、トイレットペーパーで強く拭くことは避け、上からおさえるように、水分を吸わせるような拭き方で使用しましょう。

過度な洗い方、掻くことなどによる刺激、ムダ毛の処理

デリケートゾーンだから綺麗に保ちたいという思いから、ついゴシゴシ洗ってしまっている人もいるのではないでしょうか。ゴシゴシ力を入れて洗ったり、皮膚を掻き過ぎたりすると、皮膚への刺激がメラニン細胞を活性化させて、黒ずみの原因となります。

デリケートゾーンは、皮膚が薄いため、洗浄力の強いボディソープでごしごし洗うと、肌を守る皮脂膜を取りすぎてしまうことも。それが乾燥・かゆみを引き起こし、ひいては黒ずみの原因となる可能性があります。

顔には、フェイスウォッシュ、髪にはシャンプーを使うように、敏感なデリケートゾーンには専用のソープを使う必要があります。優しく泡立てて洗うようにしましょう。

また、カミソリでムダ毛の処理をする場合は、皮膚の表面を削ってしまうリスクがあり、メラニン細胞はこのような刺激によっても生成されるため、黒ずみの原因として特に注意しなければいけません。処理前は入浴や蒸しタオルで体を温め、シェービングクリームを使用しましょう。皮膚へのダメージを減らすには、4~5枚の刃が多いT字カミソリを使い、力を入れずに毛の流れに沿って剃るようにします。保湿クリームでのアフターケアも忘れずに。

加齢やホルモンバランス、生活習慣によるターンオーバーの遅れ

紫外線などの影響を受けメラニンが生成された後は、ターンオーバー(再生機能)という肌が生まれ変わる働きによりメラニンを排出していきます。

また、女性ホルモンはメラニン色素の生成を促進するため、妊娠、出産時にも黒ずみが濃くなりますが、出産後、時間が経つにつれ、薄くなっていきます。

ターンオーバーは、寝不足、偏食、ストレス、運動不足、カフェインの摂りすぎなどの生活習慣の乱れによっても変化するため、規則正しい生活を心がけましょう。

アトピーなどの敏感肌、乾燥肌

アトピー性皮膚炎などのような慢性的な疾患を持つ人は、皮膚の炎症によって潤いがキープされず、乾燥してしまう傾向にあります。乾燥しやすいデリケートゾーンですが、敏感肌の人は、乾燥によって特に痒くなりがち。掻く刺激により、黒ずみの原因となるメラニン細胞の働きを促してしまいます。慢性的な皮膚疾患を持っている方はお医者さんに相談してみましょう。

黒ずみ対策に有効なデリケートゾーンのケア

人に見られたくないデリケートゾーンの黒ずみは、日常のケアでなんとかしたいもの。毎日のバスタイムでできるデリケートゾーンのケアをご紹介します。

デリケートゾーンのソープの選び方

デリケートゾーンに顔や体を洗うソープを使ってしまうと、刺激が強すぎて肌トラブルを引き起こす可能性があると言われています。合成界面活性剤が入ったものは避け、低刺激のソープを選びましょう。

最近ではデリケートゾーン専門のソープも多く販売されているため、肌と同じ成分の弱酸性のものを使うのがおすすめです。洗った後は、デリケートゾーン専門の保湿剤で保湿も忘れずに。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは、陰毛部分から肛門に向かって、前から後ろへと洗うのが基本です。専用ソープを十分に泡立てて、ぬるま湯で優しく洗いましょう。

デリケートゾーン専用ローションやクリームで保湿を

まぶたよりも薄いデリケートゾーンは、刺激に弱く乾燥もしてしまいがち。お風呂上がりには、デリケートゾーン専用のローションやクリームでたっぷりと保湿するのが効果的です。洗顔後の顔にすぐに化粧水をつけて保湿をするように、デリケートゾーンにも入浴後すぐの保湿は必要不可欠。

自分で見えない部分なだけに、デリケートゾーンのケアするときは鏡を使って観察をするようにしましょう。

正しい洗い方と専用クリームでの保湿で、3ヶ月後には違いが見られる人も。乾燥を防ぐことは黒ずみ対策につながります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策は長い目で見て

デリケートゾーンの黒ずみは、専用のソープやクリーム、ローションを使うようになったからといって、数日で改善されるものではありません。皮膚のターンオーバーの周期を考えると、皮膚が再生するのに最低でも1ヶ月はかかます。1ヶ月使い続けて改善が見られなかったからといって諦めず、数回のターンオーバーを考慮し、長い目でその効果を見ていくようにしましょう。

TOP