ピンクカラーのマスクで印象アップ!おすすめメイクテクもご紹介

ピンクカラーのマスクで印象アップ!おすすめメイクテクもご紹介

2020.02.07

現在マスクにはホワイトカラーを定番として複数のカラーバリエーションがありますが、その中でも女性におすすめしたいのがピンクカラーのマスクです。つけるだけで明るい印象に見せるだけでなく、メイクと合わせることでより魅力を高めることもできます。ここでは、ピンクカラーのマスクのメリットやメイクのコツについてご紹介します。

ピンクカラーのマスクをつけるとどんな印象を与える?

色が周りの人に与える印象は、意外と大きなものです。カラーセラピーや色彩心理学といった分野があることからも、色の大切さをうかがい知れますよね。では、数あるマスクの色の中でもピンクカラーのマスクをすることによって、周りにどのような印象を与えるのかチェックしていきましょう。

やさしさ、華やかさがアップ

ピンク色と聞くと、柔らかさや可憐さをイメージする人が多いのではないでしょうか。ピンク色の心理的効果は、やさしさや温かさ。さらに、幸福感を表す色であるともいわれています。ピンクカラーのマスクも同様、着用することでやさしい雰囲気や華やかな印象を周りの人に与える効果が期待できます。

華やかなイメージに

ピンク色は華やかさだけではなく、健康的なイメージもある色ともいわれています。顔周りにピンク色を持ってくることで、血色が良く華やかで明るい印象を作ってくれます。また、色は周りの人だけでなく、身につけている本人にも影響を与えるといわれており、脳科学や色彩心理の研究などでは、ピンク色には女性ホルモンの分泌を促す働きがあるそうです。女性ホルモンは、肌の潤い、ハリを保ち、髪・爪につやを与える働きがあります。ピンクカラーのマスクをつけることで、気分も明るく華やかになれそうですね。

ピンクカラーのマスク×メイクで魅力アップ

魅力を引き出してくれるピンクカラーのマスク。メイクとの相乗効果で、さらに素敵に見せることも可能です。ここでは、ピンクカラーのマスクをより魅力的にみせるメイクテクや押さえておきたいポイントをご紹介します。

ポイントは清潔感

マスクは目の下からあごまでを覆うので、自然と目力をアップさせてくれるアイテムでもあります。しかし、アイメイクを濃くし過ぎると、キツイ印象を与えてしまうこともありますので、目力を高めようとして濃いメイクにするのはなるべく避けましょう。

ピンクカラーのマスクのやさしく華やかな雰囲気を活かすためにも、念頭に置いておきたいのはナチュラル感。作りこみ過ぎない清楚なメイクで、さり気なく好印象を作っていきましょう。

アイメイクで血色感を演出

ピンクカラーのマスクに合わせて、アイシャドウにもピンク系のカラーを取り入れてみましょう。メイクとマスクが自然に馴染むだけではなく、血色の良い健康的な顔に見せることができます。ブラウンのアイシャドウを入れる場合も、赤みの強いブラウンを選ぶとマスクの色とバランスが取りやすいでしょう。若々しく明るい印象を作りたい時は、クリームアイシャドウでまぶたに艶を出すのもおすすめ。また、涙袋にもアイシャドウを入れる場合は、目頭から鼻の手前にも少し入れてみましょう。顔の中心を明るくすることで、元気な印象に見せてくれます。

アイラインやマスカラは、濃くなり過ぎないナチュラルな仕上がりのものを選ぶのがポイント。黒のリキッドアイライナーでくっきりとラインを描くとキツイ印象になる可能性があるので、ブラウン系のペンシルアイライナーを使用しましょう。やさしく品のある仕上がりになります。

眉はナチュラルさがポイント

眉メイクはマスクをつける時に必須といってもいい位重要です。マスクを着用している時に眉メイクをしていないと、すっぴんに見えたりメイクをさぼっているように見えてしまいます。そのため、時間がない時でも最低限のメイクとして眉は描いておきたいものです。とはいえ、アイメイクと同様に濃すぎるのはNG。あまりに濃いと眉だけが目立ってしまいます。普段より少し薄めに描くとバランス良く仕上がり、やさしい印象に。また、眉マスカラで毛流れや色を整えるのも良いですね。ふんわりとした眉を作るとナチュラルで今っぽい印象になります。

チークと口紅で隙のない可愛さに

マスクをつける時はチークをしないという方も多いのではないでしょうか。つい省きがちなチークですが、マスクメイクに取り入れてあげることでより可愛く血色感を演出できます。ポイントは、いつもより少し高い位置に入れること。マスクからちらりと血色の良さが見えることで、可愛らしさがアップします。チークはパウダータイプだと落ちやすいのでクリームやリキッドタイプのものを使うのがおすすめ。肌に密着するようなフィット感のあるものを使うことで、頬の内側から色付いているような自然な血色感を作れます。

アイメイクや眉に合わせて、リップメイクもナチュラルに仕上げると全体のバランスが良くなります。唇の色に近いカラーを、指でトントンと薄くのせてあげると自然な色づきに。ただ、口紅やリップはマスクに付着して落ちてしまうことが心配ですよね。そういった時は、ティントタイプのものや、リップコートを使用してマスクへの付着をなるべく軽減してあげましょう。

おすすめのピンクマスク

ここでは、快適なつけ心地と可愛さを両立できるおすすめのピンクカラーのマスクをご紹介します。

タマガワエーザイ フィッティ® 7DAYSマスク スタイルキュート 30枚入 エコノミーパックケース付

顔の形にフィットするラウンドカットが顔のラインをすっきりと見せ、さり気なく小顔を作ってくれます。やさしく淡いピンク色なので、カラーマスクに慣れない方にもつけやすくおすすめです。幅が広く、ふんわりとした質感の耳かけゴムも特長。耳が痛くなりにくく、長時間の着用にも最適です。また、個別包装で携帯しやすいのも嬉しいポイント。

ユニ・チャーム 小顔にみえマスク ピンク小さめ

女性の輪郭に合わせた、小さめサイズのマスクです。顎から耳にかけて広めに覆うことで、小顔効果を高めているのがポイント。また、フィルタ部分を柔らかくすることで、快適なつけ心地を実現しています。

Kowa メイクがおちにくいマスク(ベビーピンク)

さり気ないお花のワンポイントが可愛らしいマスク。内側にプロテクト加工を施すことで、マスクによるメイク崩れを解消。口元の部分がゆったりとしているので、息苦しくなりにくいのも特長です。

タマガワエーザイ フィッティ®スタイルフィット 5枚入 コーラルピンク

明るいコーラルピンクが目を惹くマスク。立体形状のため、口元にマスクが触れにくく、呼吸や会話もしやすい快適なつけ心地です。マスクとふわふわ耳ゴムは同じ色にカラーリングされており、全体的な統一感がおしゃれな印象。つけると見た目も気分も明るくなれそうですね。

ピンクのマスクで女子力をアップさせて

やさしく華やかな印象を与えてくれるピンクカラーのマスクは、風邪や花粉の対策中もオシャレに可愛く楽しみたい方におすすめのアイテムです。今回ご紹介したメイクのポイントと組み合わせて、ピンクカラーのマスクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

TOP