工場見学ツアー

トップ知る・楽しむ工場見学ツアー

工場概要

玉川衛材の生産拠点である、国内・海外にある2つの工場をご紹介します。

上海工場(中国)

中国、上海の工場は2014年7月に移転し、新たに稼働を開始した玉川衛材のマスク製造工場です。
生産性に優れた設備を備え、厳しい衛生基準をクリアしている、玉川衛材の主力拠点です。
(ISO 9001 ISO 13485取得)

製造している製品

フィッティⓇシリーズをはじめとする各種マスクを製造しています。

木更津工場(千葉)

木更津工場は1989年4月、木更津センターの名で操業を開始。
2002年、現在の名称である木更津工場に改称。
GMP基準を遵守しながら、厳しい品質管理体制のもとで医薬品・医薬部外品を生産しています。

製造している製品

殺菌消毒薬やうがい薬など、生活に密着した製品を製造しています。

安全・安心な製品をお届けするために

各工場では、厳しい品質管理を実施し、安全・安心な製品を皆様にお届けしています。

衛生面への配慮
工場内、生産ルームへの入室には厳格な服装基準・入室手順(定められた更衣、手洗い、エアシャワー)を設け、埃や菌などの異物を持ち込まないように配慮しています。
トレーサビリティの取り組み
生産ラインを細かく記録化することによって、品質管理を重視したトレーサビリティの取り組みも始めています。
徹底した検査・分析
資材受入時、最終包装時の検品以外にも各作業ごとに念入りに検品を実施しており、日々生産されている製品の品質について、常に検査・分析を行い、安心を追求しています。

工場見学

2つの工場それぞれで製造されている、製品ができるまでの過程をご紹介します。

中国・上海工場
マスクができるまで
STEP01.裁断

マスクの原反を裁断します。

STEP02.成形

不織布をマスクの形にしていきます。
複数の不織布を重ねあわせ、マスクを成形します。

STEP03.ゴム付

ゴム付を行います。
上海工場では、マスクの成形と、ゴム付の工程を同時に行う事が出来る、一体型の機械も稼働しています。

STEP04.一次検査

一枚一枚目視をして、注意深くチェックし、次工程への不具合品の流出を防いでいます。

STEP05.ピロー包装(個別包装)

出来上がったマスクを専用の機械で個別包装します。
この包装をピロー包装といいます。

STEP06.二次検品

ピロー包装後にも、一枚一枚目視による検品を行います。
各検品場所には、専用の回収箱が設置され、不具合品発見時には、直ちに生産ラインから取り除きます。

STEP07.最終包装

製品の顔となる大切なパッケージ包装を、ひとつひとつ丁寧に手作業で包装していきます。

STEP08.重量検品

製品の重量を計ることで、パッケージ包装されたマスクの枚数に間違いがないかを確認しています。

STEP09.保管・出荷

完成したマスクは、倉庫へ。24時間完全空調管理された清潔な倉庫で、ブランドごとに整理、整頓され出荷を待ちます。

千葉・木更津工場
殺菌消毒薬ができるまで
STEP01.水の精製

水道水から不純物を除去し、精製水を作ります。

STEP02.秤量

使用する原料を計ります。
秤量は必ずダブルチェックの元で行うため、 2名で作業に従事します。

STEP03.調製

精製水と原料を混ぜ合わせて薬剤を作ります。

STEP04.成分の分析

品質管理部門において調製した薬剤を分析します。基準を満たしていると判定されれば、充填工程に進みます。

STEP05.充填

ボトルのエア洗浄から薬剤の充填、キャップの装着、さらにはカメラ検査まで、最新の機械が全自動で行います。

STEP06.カメラ検査

キズや汚れがないか、ロット印字が正確か検査され、不具合が見つかった場合はただちにラインから取り除かれます。

STEP07.包装

キズや汚れがないか、ロット印字が正確か検査され、不具合が見つかった場合はただちにラインから取り除かれます。

STEP08.検品・箱詰め

最終的にひとつひとつ人の目によって検品を受け、箱詰めされます。

STEP09.出荷可否の判定

出来上がった製品は品質管理部門で出荷可否の判定を行います。

STEP10.保管・出荷

合格判定を受けた製品のみが工場から出荷されます。

お知らせ