マスクで耳が痛い!原因や対処法を教えて!

マスクで耳が痛い!原因や対処法を教えて!

耳が痛くなる原因は?放置しないことが大切

マスクをしていて「耳が痛い!」となる原因はいくつかあげられます。その原因のひとつが耳にかけるゴムの形状です。マスクのひもが細くて丸いゴム製のものだと、ゴムが耳に食い込みやすいという欠点があります。ゴムが細いマスクを使っていて痛みを感じてしまう場合、ゴムの細いマスクは選ばないように注意しましょう。また、マスクのサイズが顔のサイズとあっていない場合も、耳が痛くなる原因となります。顔に対してマスクが小さい場合は特に耳がゴムに引っ張られることで痛みを感じてしまうので、自分のサイズに合ったマスクを選ぶようにしましょう。

この他にも、マスクとメガネを併用することで負担が強くなり耳に痛みが出る、マスクの着用時間が長いことで負担が大きくなることなどがあげられます。また、敏感肌の人は少しの刺激で耳が痛くなることがあります。痛みや不快感を覚えた場合、我慢するとますます症状が悪化する恐れもありますので、放置しないことが大切です。

耳が痛くなりにくいおすすめのマスクは?

マスクを選ぶときのポイントは、素材や機能、形やサイズなどの他にも、顔との間にすき間ができないか、耳にかけて痛くならないか、呼吸がしやすいか、肌にごわごわとした不快感がないかなどが基準になります。

そこでおすすめしたいのが、タマガワエーザイの「フィッティ」シリーズです。「フィッティ」シリーズの多くは、柔らかい幅広のゴムを採用しており、耳が痛くなりにくいのが特徴です。サイズ展開も豊富なので、自分に合ったサイズのマスクを選ぶことができます。フィルタ部分は不織布の三層式フィルタを採用しており、ホコリや花粉をしっかりガードします。また、ノーズフィッターとマスクの両サイドの加工により顔のラインにジャストフィットしますが、立体プリーツ加工で口や鼻を圧迫しないため、長時間使用しても不快な息苦しさを感じにくい設計になっています。キッズ用にはかわいいキャラクターのデザインなど幅広い商品ラインナップの中から、あなたに合ったお気に入りの一枚を見つけてみましょう。

関連製品

TOP