口臭が原因?マスク着用時のニオイ対策&アイテム紹介

口臭が原因?マスク着用時のニオイ対策&アイテム紹介

マスクの着用が増えるシーズン。マスク内のニオイが気になることはありませんか?もしもニオイを感じたら、それはあなた自身の口臭かもしれません。今回はマスク着用時のお口のニオイが気になる時に使いたいニオイ対策方法やアイテムを紹介します。

もしかして口臭?気になる口臭の種類とは

対人関係において、ニオイ問題は非常にデリケート。特に口臭は自身で気づくのが難しいため、知らずに周囲を困惑させていることもあるかもしれません。「自分も口臭があるのかも」と不安になった人は、まず口臭にはどんな種類があるのか確認してみましょう。

生理的口臭

「生理的口臭」とは、人間なら誰しも持っているお口のニオイのこと。朝起きてすぐや空腹を感じた時、緊張した時などに強くなると言われています。また、生理や妊娠時などホルモンバランスに変化が生じる時期や、老齢期にさしかかる時期など、その年代特有の口臭を発することもあります。

こうした口臭の多くはさほど強烈ではなく、通常の会話距離で相手を不快にさせることは稀です。丁寧に歯磨きをしたり、唾液量が増えたりなどすればおさまることが多く、特別な治療を受ける必要はないと言われています。ニオイの有無・強弱は時々で異なるので、あまり神経質になる必要はないでしょう。

食べ物や嗜好品による口臭

ニオイの強い食べ物も口臭の元となることがあります。例えばニラやニンニク、発酵食品などニオイの強いものやお酒などを口にした後は、口臭が気になりやすくなります。また、一部の漢方薬やビタミン剤を飲んだ後に口腔内にニオイが残ったり、喫煙の後にたばこのニオイを強く感じたりすることもあります。

このように口にした食べ物や嗜好品によって引き起こされる口臭は、一時的であることがほとんどです。時間の経過と共にニオイは弱まっていくので、不安に感じる必要はないでしょう。

口腔内の状態による口臭

口腔内にトラブルを抱えている人も、強い口臭を放っている可能性があり、歯周病や虫歯などがあげられます。また、歯垢や歯石が溜まっている場合も口からのニオイが強くなります。さらに、ドライマウスで唾液が少なかったり、舌に細菌や食べかすなどが集まった「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる白いものが付着していたりする場合も口臭に注意が必要です。

気になる症状がある人は、専門の医療機関を受診し、口の中の健康を取り戻すことが大切です。

マスク着用で口臭に気づいたら。対策のポイントは?

口腔内の嫌なニオイに気づいた人は、早めに口臭対策をとることがおすすめ。ここでは、口臭対策で押さえておきたいポイントを紹介します。

口腔内の保湿

唾液は、口腔内を洗い流したり細菌の発育を抑えたりなど重要な働きがあります。口臭が気になる人は、唾液の分泌を促し、潤った口腔内をキープすることが大切です。

ドライマウス気味で唾液が少ない人は、市販の口腔内保湿剤などで乾燥ケアをしましょう。または、日常的にガムを噛んで唾液の分泌を促したり、保湿効果の高いマスクを着用したりするのもおすすめです。

口腔内を清潔に保つ

口臭対策では、口腔内を清潔に保つことも重要です。毎日きちんと口腔内ケアをすることで、周囲にわかるほどの嫌なニオイを放ちにくくなります。口腔内を清潔に保つ方法としては、自身で行うセルフケアと歯科医で行う本格的なケアを並行するのがおすすめです。

セルフケアの場合は、歯ブラシだけではなくデンタルフロスや歯間ブラシ、舌ブラシなどを使うと、すみずみまで清潔に保つことができます。時間が無い時は、マウスウォッシュなどを使うと便利です。

一方、歯科医でのケアは一度ではなく定期的に通うことが大切。口腔内のコンディションを良好に保てるうえ、自身の状態に合わせた口腔内ケアの指導も受けられます。

生活習慣の改善

普段の生活習慣が乱れている人は、生活習慣から見直してみてください。特に口臭の発生に繋がりやすいのが食生活。近年は若い世代を中心に柔らかい食事を好む人が増えていますが、食事は「歯ごたえのあるもの」にするよう心がけましょう。歯ごたえのあるものをしっかり噛むことで唾液がきちんと分泌されるようになり、口臭の改善に繋がります。

また、ストレスから口臭を発する人もいるため、ストレスを溜めにくい生活を送ることも重要です。ストレスを発散できる趣味やリラックスできる場を確保し、夜はたっぷり睡眠を取って規則正しい生活を送りましょう。

口臭対策に使えるアイテム&マスクはあるの?

口臭対策には口腔内の保湿が大切。ここでは、口腔内保湿剤などの口臭対策アイテムを紹介します。また、口臭が気になる時は、保湿効果で口腔内を潤してくれるものや、香りでリラックスできるものなど機能性のマスクを選んでみてはいかがでしょうか。

口腔内保湿剤

先ほど述べたように、口腔内保湿剤の使用は口臭対策に繋がります。最近では、スプレータイプ、ジェルタイプ、マウスウォッシュタイプなど様々な種類が登場しているので、自分のライフスタイルに合うものを選びましょう。

スプレータイプは、気軽に保湿ケアできるのが魅力。シュッと一吹きするだけで口腔内に潤いが広がります。外出時や仕事中など、口腔内の乾燥が気になった時にいつでも使えます。しっとり感がより長く続くのがジェルタイプ。清潔な指やスポンジブラシなどに取って、口腔内全体に薄く塗布します。

さらに、マウスウォッシュタイプは、口腔内をさっぱりさせたい時におすすめ。兼ねているものもあるので、口腔内のネバツキなども解消できますよ。

保湿機能や心地よい香りが付いたマスク

マスクを選ぶ場合は、保湿機能や心地よい香りがついているものがおすすめです。口腔内の乾燥を防ぐことで口臭対策にもなりますし、よい香りが漂うマスクは、マスク着用時の口臭による不快感を和らげてくれるでしょう。

フィッティ®うるおい® マスク 5枚入

「フィッティ®うるおい® マスク 5枚入」は、ウェットシートをマスク本体に収納して着用する保湿マスク。立体加工で鼻や口の通気性が良いため、息苦しさやしゃべりにくさを解消してくれます。ウェットシートに配合されているのは、ヒアルロン酸とリピジュア® と呼ばれる保水成分。リピジュア® はヒアルロン酸の約2倍もの保水力を持つといわれており、就寝時や乾燥の気になる季節でもしっかり鼻やのどを潤してくれます。

フィッティ®7DAYSマスク レモンミント 通気性が良い 7枚入

マスク内を良い香りで満たしたい時は、「アロマ付き」のマスクを選んでみてはいかがでしょうか。「フィッティ®7DAYSマスク レモンミント 通気性が良い 7枚入」は天然ブレンドアロマ加工のフィルタを使用した、香り付きのマスクです。フィルタに加工されている天然ブレンドアロマは、レモン・ライム・スペアミント・ペパーミント・ユーカリ・プチグレンと、いずれも爽やかですっきりした香りが魅力。マスクを軽く叩いて着用することで、心地よい香りがよりマスク内に広がります。

マスク着用時の口臭。気になったら早めに対策を

マスク着用時に嫌なニオイを感じたら、口臭の可能性があります。口の中をしっかりとケアしたり保湿を心がけたりして、早めの対策をとりましょう。また、「マスク着用時のニオイがつらい」という人は、保湿機能のあるマスクやアロマが香るマスクなどを使用してみてはいかがでしょうか。風邪やインフルエンザが流行るシーズンはマスク着用の機会も増えるので、事前に準備しておくことをおすすめします。

TOP