伊達マスクとは?おすすめのマスクも紹介

伊達マスクとは?おすすめのマスクも紹介

2020.07.15

風邪対策などの健康目的以外でマスクを使用することを意味する「伊達マスク」。この記事では伊達マスクをする理由や伊達マスクをすることによるメリットとデメリットをみていきます。また、伊達マスクにおすすめのマスクも機能別にご紹介します。伊達マスクに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

伊達マスクをする理由

マスクをつけるのは風邪をひいて咳がでるときや、他人の飛沫や花粉から自分の身を守るためが一般的です。しかし、伊達マスクの場合は一般的な理由とは違い、さまざまな目的で使用されます。

防寒

伊達マスクをする理由のひとつに防寒目的があります。マスクで防寒なんてできるの?とピンとこない人もいるのではないでしょうか。秋冬の肌寒い時期に顔をマスクで覆うことで、冷たい風が直接顔に当たるのを防ぐため、マスクを防寒対策として使用する方もいます。

湿度を保ち乾燥を防ぐことができる

秋から冬は湿度が低いので肌が乾燥してしまいがち。そんなとき、伊達マスクをつけて顔を覆うと、顔の湿度をある程度保つことができるので、乾燥を防いでくれます。

寒いのが苦手で肌の乾燥に悩む女性にとって、寒さと肌の乾燥の両方を軽減してくれるのはとても魅力的ですよね。

男性はヒゲを剃り忘れたときに

伊達マスクをする理由の中には男性特有の理由も。男性の場合は、剃り忘れたヒゲを伊達マスクによって隠すこともあるようです。寝坊して遅刻しそうなときは、ヒゲを剃る時間も惜しいはず。一時的な対応として伊達マスクをして遅刻を回避するのは賢い方法といえるでしょう。

ファッションアイテム

マスクも最近では色もホワイトだけでなく黒やピンクなど多彩になっています。形もお洒落なものが多く、マスクそのものがファッションの一部になっています。

心を開いていない、関わりたくない人から表情を隠す

伊達マスクをする理由のなかには心理的なものも。伊達マスクをすることで心を開きたくない人や関わりたくない人から表情を隠せます。大きめのマスクをすると、顔のパーツのうち目元以外はほとんど覆われます。そのため会話中も相手に表情を読み取られることなく、関わりたくない人との交流を最小限にとどめることができると言われています。

伊達マスクのメリット

コンプレックスが隠れ美人に見える

マスクをすると鼻からあごにかけて顔の大部分を覆い隠せるため、目元や輪郭のみが見え、美人に見えることも。脳には「空間補完効果」という、隠れている物の情報を見えたつもりで想像し、過去の経験などからイメージを自分の都合の良いように補うという機能があるため、見えない部分への想像力によって美人度が増して見えるそうです。

輪郭が隠れるため小顔に見える

伊達マスクは輪郭が隠れるので小顔効果も。自分の輪郭やあごのラインにコンプレックスがある場合は、小顔に見えるように工夫されたマスクや顔のサイズより少し大きめサイズのマスクは効果的です。顔の輪郭をほぼ隠してくれるため、コンプレックスをカバーしてくれます。

ほうれい線やシワが隠れ、若見えする

老けている印象を与える原因のひとつとしてシワがあります。伊達マスクによって、ほうれい線やシワを隠すことができるため、マスクをつけていない時より若く見えることも。普段から口元のシワが気になる方は、一度伊達マスクを試してみては。

伊達マスクにはデメリットも

伊達マスクにはメリットだけでなくデメリットもあります。

肌がこすれる

マスクの着用中、会話をしたりマスクを動かしたりすることで肌とマスクの間に摩擦が生じてしまいます。気になる方は、肌あたりの良いマスクを伊達マスクとして使用するのがいいでしょう。

メイクが崩れる

もともとメイクをせず、すっぴんを隠すためにマスクをしているのであれば心配ないですが、メイクをしてマスクをしている場合は、マスクとメイク部分がこすれたり、呼気により湿度が高くなることで、メイクが崩れやすくなります。またメイクがマスクに付着して汚れる可能性も高くなります。

メイク崩れを防ぐには、メイクの仕上げとしてフィックススプレーを使用することをおすすめします。

眼鏡が曇る

寒い季節にマスクをしている際、マスクと鼻や頬の間に隙間があると、口や鼻から出た呼気が漏れ、眼鏡のレンズを曇らせることがあります。

マスクを正しく着用したり、メガネの曇り止めを使用することで対策することが可能です。

声がこもり言葉が伝わりにくい

マスクをすることで声がこもって、話をしている相手に言葉が伝わりにくくなることもあります。伊達マスクをしている際は、いつもより声を大きめに話すことを心がけましょう。

伊達マスクの目的別おすすめやつけ心地の良いマスク5選

伊達マスクの目的ごとや、つけ心地の良いおすすめのマスクを5つご紹介します。

1.防寒もできるあったかマスク

伊達マスクの使用理由が防寒の場合におすすめなのがタマガワエーザイ「フィッティ®ホットマシュマロマスク 5枚入」です。呼気の水蒸気を吸収して発熱する吸湿発熱素材と、熱を外に逃がしにくい極厚な保温性不織布を使用した、暖かさ重視の肌寒い季節にぴったりのマスク。マシュマロのような肌ざわりで肌にやさしく、ウイルス飛沫・花粉もしっかりガードしてくれる嬉しいマスクです。

2.ファッションと合わせて選びたい時のマスク

ファッション目的としてマスクをつける方におすすめなのがタマガワエーザイ「フィッティ® スタイルフィットマスク 5枚入」。ホワイト、ダークグレー、コーラルピンクの3色展開で、その日の気分やファッションに合わせてカラーを選べます。会話がしやすい立体形状と、耳が痛くなりにくい幅広ふわふわカラーリング耳ゴムで、お出かけが楽しくなりそうなマスクです。

3.小顔効果のあるマスク

小顔にみえて、かわいさも欲しい方におすすめなのがタマガワエーザイ「フィッティ®7DAYSマスク スタイルキュート 30枚入エコノミーパックケース付」です。ラウンドカットの形状によって、顔のラインがスッキリし小顔にみえます。やさしいピンクカラーなので、マスクをしながらやさしい雰囲気を出すことができます。

4.耳が痛くなりにくいマスク

マスクは長時間つけつづけると耳が痛くなることも。そんな人におすすめなのがタマガワエーザイ「フィッティ®シルキータッチ 耳ゴムふわり 30枚入 エコノミーパックケース付」です。シルクのような肌ざわりの不織布と耳にやさしい幅広ゴムで耳が痛くなりにくいマスクです。サイズやカラーが選べるのも嬉しいポイント。

5.肌ざわりのよいマスク

マスクの内側にコットンガーゼを用いて「毛羽立ち」を抑止した、やさしい付け心地が嬉しいアイリスオーヤマ「Cotton more 内側ガーゼマスク」。ガーゼを使用することでマスクのしっとり感をキープし、適切なコンディションでお肌や喉を保湿してくれます。呼気に含まれる水分をコントロールし、気になるムレも防ぐことができます。

伊達マスクに適したマスクを探そう

伊達マスクをつける目的は、防寒、すっぴんを隠したい、小顔にみせたい、表情を読み取られたくないなど人によって様々です。たくさんの種類があるマスクのなかから、用途によって使い分けて目的に合ったマスクを探しましょう。

TOP